公益財団法人 鹿児島県住宅・建築総合センター

公益財団法人 鹿児島県住宅・建築総合センター(通称、住宅センター)は、安全・安心・快適な暮らしを支える空間を形成する住まいづくり・まちづくりを推進するため、県民に対する住宅・建築に関する知識の普及および建築関係技術者に対する情報の提供を行うとともに、公的住宅等の管理、建築物等の安全対策、環境対策、調査研究等に関する支援を行い、もって消費者等の保護を図り県民生活の安定と社会福祉の増進に寄与することを目的としています。

事業内容

組織

役職員数(平成27年4月1日現在)
常勤役員(理事長・理事) 3名
事務職員 25名
技術職員 23名
合計 51名

設立

昭和44年2月1日

基本財産

18,000万円

出損団体

©KAGOSHIMA PREFECTURAL HOUSING & ARCHITECTURAL CENTER