公益財団法人鹿児島県住宅・建築総合センター

トップページ > すまいづくりの相談・制度 > 住宅性能表示制度
ゆとリブ

住宅相談

住宅に対する疑問や技術的質問などの相談窓口

リフォーム相談事例

今までお受けしたリフォームに関する相談

空き家相談事例

今までお受けした空き家に関する相談

構造計算適合性判定

建築基準法に基づく構造計算適合性判定業務を行っています

建築確認検査

建築基準法の規定によるものです

住宅瑕疵保険

住宅瑕疵担保履行法に対応した保険

長期優良住宅

長期優良住宅の技術的審査

BELS

BELSに係る評価業務を行っています

公益財団法人鹿児島県住宅・建築総合センターはプライバシーマークを取得しています。

住宅性能表示制度

住宅性能表示制度は、質の良い住宅を安心して取得できるようにするためにつくられた、平成12年4月1日に施行された住宅品確法にもとづく制度です。

住宅性能表示制度によって建設された住宅は、多種多様な住宅の性能をわかりやすく表示するための「共通のものさし」によって評価されており、横並びに比較できます。また、希望する性能を有する住宅を建設あるいは購入する場合にも役立ちます。
住宅性能表示制度について詳しく知りたい方は、住宅性能評価・表示協会のホームページ(http://www.hyoukakyoukai.or.jp/)をご覧下さい。

新築住宅における性能の表示項目には「10分野32項目」があります。

分野 内容
地震などに対する強さ(構造の安定) 地震の揺れや強風等で力が加わった時の建物全体の強さ(倒壊・損傷のしにくさ)を表示します。
火災に対する安全性(火災時の安全) 火災が発生した場合に、感知警報機で早期に発見ができるような対策を施しているか、隣家からのもらい火を受けた場合に、窓や外壁等が火炎を遮る時間の長さを表示します。
柱や土台などの耐久性(劣化の軽減) 木材の腐朽や鉄部のさび等を防ぐために、防腐・防蟻・防水・防湿・換気などの基準を満たしているか、建物の劣化を軽減するための対策の手厚さを表示します。
配管の清掃や補修のしやすさ、更新対策(維持管理・更新への配慮) 給排水管とガス管の交換が大がかりな工事をしなくてもできるか、点検口や掃除口が設置されているかなど、日常における維持管理(点検・清掃・修繕)のしやすさを表示します。
省エネルギー対策(温熱環境) 建物のどの部分にどのような断熱材を使用しているか、窓や壁などの断熱性能や気密性能がどのくらいか、など建物の省エネルギーの程度を表示します。
シックハウス対策・換気(空気環境) 居室に使用している内装材のホルムアルデヒド放散量の少なさや、住宅の気密性能に応じた住宅全体の換気措置の有無を表示します。
窓の面積(光・視環境) 日照や採光を得られる可能性のある居室の開口部の面積の広さや方位ごとの分布を表示します。
遮音対策(音環境)(※選択事項) 屋外からの騒音に対する遮音の程度として、居室の外壁開口部に使用されるサッシ及びドアセットの遮音性能を表示します。
高齢者や障害者への配慮(高齢者等への配慮) 加齢などで身体機能が低下したときの住宅内の移動の安全性及び介助の容易性、すなわちバリアフリーの程度を表示します。
防犯への配慮 外部開口部(ドアや窓など)について、防犯上有効な建物部品や雨戸等が設置されているかの侵入防止対策を評価します。

住宅性能表示のイメージ

第三者機関の評価が受けられます。

第三者機関の評価

住宅性能評価書の内容を契約に活かせます。

住宅に関するトラブルの迅速な処理が受けられます。

住宅に関するトラブルの迅速な処理

※住宅性能表示制度について詳しく知りたい方は、住宅性能評価・表示協会のホームページ(http://www.hyoukakyoukai.or.jp/)をご覧下さい。

© 2011 KAGOSHIMA PREFECTURAL HOUSING & ARCHITECTURAL CENTER