公益財団法人 鹿児島県住宅・建築総合センター

特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律(住宅瑕疵担保履行法)により、平成21年10月1日以降に新築住宅を引き渡す場合は、新築住宅の建設を請け負う建設業者及び宅地建物取引業者は住宅瑕疵担保履行法に基づく10年間の瑕疵担保責任(無料補修等を行う責任)を果たすために必要な資力を、「保険の加入」または「保証金の供託」により確保することが義務化されています。

住宅センターでは、「まもりすまい保険((財)住宅保証機構)」と「JIOわが家の保険((株)日本住宅保証検査機構)」を取り扱っていますので、手続き等については、こちらをご覧ください。

©KAGOSHIMA PREFECTURAL HOUSING & ARCHITECTURAL CENTER