公益財団法人鹿児島県住宅・建築総合センター

トップページ > 現代の匠をめざして > 現代の匠たち > いろんな現代の匠たち その1
ゆとリブ

住宅相談

住宅に対する疑問や技術的質問などの相談窓口

リフォーム相談事例

今までお受けしたリフォームに関する相談

空き家相談事例

今までお受けした空き家に関する相談

構造計算適合性判定

建築基準法に基づく構造計算適合性判定業務を行っています

建築確認検査

建築基準法の規定によるものです

住宅瑕疵保険

住宅瑕疵担保履行法に対応した保険

長期優良住宅

長期優良住宅の技術的審査

BELS

BELSに係る評価業務を行っています

公益財団法人鹿児島県住宅・建築総合センターはプライバシーマークを取得しています。

いろんな現代の匠たち その1

現代の匠たちには、様々な技能者がいますが、ここでは建築技能者についてご紹介します。

たとえば木造住宅が出来上がるまでには、以下のような技能者が必要です。

大工(だいく)

大工になるには!

大工(だいく)棟梁に弟子入りしたり、建設会社・工務店に就職するのが一般的ですが、近年、専門学校や職業能力開発校、大工育成塾などで基本的な知識を身に付けてから大工になる人も増えています。

棟梁になるには、10年~20年近くの経験と実績、現場での統率力が要求されます。

主に木造住宅を建てる職業のこと。図面をもとに目的に合わせた材木を選び、加工・組立て、壁や屋根下地の他、内外部の造作等を行います。

昔からの名残で、今でも大工の職長・親方のことを「棟梁(とうりょう)」と呼びます。

図面の読解力、新しい工法への対応など、建築についての幅広い知識が要求されます。

左官(さかん)

左官になるには!

左官(さかん)特に学歴や資格を要求されることはありませんが、まずは親方に弟子入りするか、左官関連の事業所などに就職し、修行することから始まります。

現在では、職業能力開発校などでも基礎的な技能を学ぶことが出来ます。また、左官の技能を示す資格として技能検定があり、国土交通省の定めでは、規定の面積以上の建設現場には、1級左官技能士の常駐を義務付けられているため、検定制度に関する関心も高いといえます。 

住宅の壁や床、塀などを鏝(こて)を使って、モルタルや漆喰(しっくい)、珪藻土などの材料
を用い塗り仕上げる職人のことを指します。

現場で、「一人前」や「親方(職長)」と呼ばれるまでには、少なくとも5年~10年の修行が必要とされ、高度な技術と熟練度が求められます。

鳶工(とびこう)

鳶工になるには!

鳶工(とびこう)学歴や経験を問われることはありませんが「親方(職長・職方)」と呼ばれるようになるためには「見習い」として仕事に就き、十分に経験を積まなければなりません。

また、他の仕事の安全確保のための仕事であるため、複数の資格の取得を必要とされます。鳶の仕事は高所作業が多く、常に危険と隣り合わせの職業でもあるため、自分の適性を十分見極めてから入職することをすすめます。

現場では「鳶(とび)」と呼ばれ、一般的に高い所での作業を専門とする職人を指します。

仮設足場や仮囲い、あるいは現場事務所など仮設物の組立て・解体、鉄骨の組立て等を行います。

チームワーク、身軽な動作、適切な判断力を必要とします。

建具工(たてぐこう)

建具工になるには!

建具工(たてぐこう)建具工には主材料である木材の性質や刃物、機械、工具、塗料、接着剤、工作法、建築に関する知識等が必要です。また、必要な技能として、刃物の研磨と調整、加工段取り、機械工具の操作、傷の補修などがありますが、こうした技能は経験を積むことにより習得できます。

玄関のドアや障子、ふすま、アルミサッシ、網戸、雨戸など、人が出入りしたり、物を収納したり、換気のために開閉するところなどを総称して建具といいます。この建具のうち、各部屋の入口の戸、押入・クローゼット等の戸、障子・ふすまなどの木製建具を製作し、不具合無く取り付ける専門の職人を建具工といいます。


© 2011 KAGOSHIMA PREFECTURAL HOUSING & ARCHITECTURAL CENTER