公益財団法人鹿児島県住宅・建築総合センター

トップページ > 現代の匠をめざして > 誰も教えてくれなかった大工さんのなり方 > 職業訓練法人 鹿児島市職業訓練協会…
ゆとリブ

住宅相談

住宅に対する疑問や技術的質問などの相談窓口

リフォーム相談事例

今までお受けしたリフォームに関する相談

空き家相談事例

今までお受けした空き家に関する相談

構造計算適合性判定

建築基準法に基づく構造計算適合性判定業務を行っています

建築確認検査

建築基準法の規定によるものです

住宅瑕疵保険

住宅瑕疵担保履行法に対応した保険

長期優良住宅

長期優良住宅の技術的審査

BELS

BELSに係る評価業務を行っています

公益財団法人鹿児島県住宅・建築総合センターはプライバシーマークを取得しています。

職業訓練法人 鹿児島市職業訓練協会 鹿児島高等技術専門校

鹿児島高等技術専門校とは?

  1. パンフレット働きながら技能士としての知識と技能を習得します。
  2. 2年ないし3年週1日の出校で、修了の際に技能士補証が与えられます。
  3. 技能士補証は技能検定2級の学科試験全部が免除になります。在校中に2級技能士の資格を取ることもできます。
  4. 2級技能士取得後、2年の実務経験で1級技能検定の受験資格が得られます。
  5. 1級技能検定合格者は、職業訓練指導員の免許講習受験資格が得られます。
訓 練 科
木 造 建 築 科 鉄筋コンクリート施工科 左官・タイル施工科
表 具 科 建 築 塗 装 科 木 工 科
サッシ・ガラス施工科 畳 科

学年編成と訓練期間は?

  1. 実技実習風景訓練期間は原則として3年間ですが、専修訓練修了者は2年に編入、高校・大学卒業者は、2ヶ年で修了できるシステムを組みます。
  2. 高校や大学での専門校と内容の同じ科を履修した者は、訓練期間の短縮が考慮されます。
  3. 学級編成は1学年10名以上を以て編成しますが、その数に満たない場合は複式指導がなされます。
  4. 訓練時数は厚生労働省の示した基準によって年間300時間~350時間(年45日位に当たる)を当てますが、病欠あるいは事情による欠席は20%までは進級や卒業に支障ありません。
訓 練 課 程
普 通 学 科 一般教養並びに実技専門学科習得上欠かすことのできない基礎知識を学びます。 各事業所の訓練生を、高等技術専門校において年300時間~350時間に至り訓練を行ないます。
専 門 学 科 実技の理論的裏付けと、応用力・独創力を高めるために必要な専門知識を学びます。
基 本 実 技 その職業に必要な各種の基本となる作業及び安全衛生作業法など学びます。
応 用 実 技 実際の作業に必要な作業段取り、取り扱い作業、施工作業等を現場の作業を通じて学びます。 訓練生の所属する各事業所で、職業訓練指導員の指導のもとに、訓練を行います。

主な行事

県内技術専門校ソフトボール大会、各科別技能競技会、校内ソフトボール大会、特別講座、現場見学、県技能ま つりへの参加を行っています。

school_2-3


© 2011 KAGOSHIMA PREFECTURAL HOUSING & ARCHITECTURAL CENTER