公益財団法人 鹿児島県住宅・建築総合センター

鹿児島県立 宮之城高等技術専門校

建築工学科ではどんなことを学べるの?

入稿案内パンフレット

建築構造・工作法・仕様積算・設計製図・建築材料の用途・機械操作・施工方法などの知識と技術を修得し、刻々と変化している建築工法に対応できる人材を育成します。

「学科」

大工必須技能の『規矩術』から、建築計画・施工・構造・力学・法規・製図に至るまで、建築に関する基礎及び専門知識を幅広く学びます。

「実技」

手工具や電動工具の使用法・墨付け・木材加工・建て方作業等、大工工事業を実践を通して体系的に学びます。

建築工学科ではどんなことするの?

2年生

にぎわい回廊トイレ

2年生では、公共工事等を活用して実習授業にも取り組んでいます。

平成24年度には校外実習授業で、さつま町永野地区に木造平屋建てのトイレを建築しました。

大工養成の専門校で、大工技能の継承及び技能者の育成のための公共工事の活用は全国の大工養成専門校でも珍しい事例です。

今後も公共工事等を活用して校外実習授業を予定しています。

1年生

1年生では、学科・実技の講義を通して大工としての基礎を習得していきます。

また、技能五輪大会建築大工部門の鹿児島県予選に全員参加し、上位入賞者が翌年の全国大会の県代表選手として毎年選出されております。

訓練科目定員訓練期間
建築工学科20人高卒者対象2年課程
室内造形科20人義務教育修了者対象2年課程
建築工学科20人義務教育修了者対象2年課程
建築科20人公共職業安定所で求職申し込みをしている雇用保険受給資格者等中学校卒業(見込み者を含む)若しくは同等以上の学力を有すると認められる者(若干名)

宮之城高等技術専門校 校舎全景

技能五輪全国大会

技能五輪大会とは、23歳以下の若き技能者達が、日頃の業務や訓練の中で磨き上げてきた「技能」を競う大会です。

宮之城高等技術専門校の建築工学科は、2006年度の1期終了生から毎年「建築大工部門」で鹿児島県代表に選出されております。

第51回全国技能競技大会では、本校建築工学科では初、鹿児島県では11年ぶり、九州でも10年ぶりとなる入賞(敢闘賞)を達成しました。

本校訓練課程修了により受験資格が得られる

本校訓練課程修了により2級技能士(建築大工)の試験が免除

学科試験免除校内で実施される技能照査に合格
実技試験免除校内で実施される技能五輪鹿児島県大会に合格

本校訓練課程修了により受験資格が得られる

資格名必要な実務経験年数
木材加工用機械作業主任者技能講習
(関係法令以外免除)
2年
木造建築物の組立作業主任者技能講習
(関係法令以外免除)
2年
2級建築士試験2年
木造建築士試験2年

お問い合わせ窓口

企画部企画課

Adobe Acrobat Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧頂くには、アドビシステムズのAdobe Readerが必要になります。

アドビシステムズのサイトから最新のAdobe Reader(無料)をダウンロードし、インストールしてください。

Adobe Acrobat ReaderをApp Storeからダウンロード

Adobe Acrobat ReaderをGoogle Play で手に入れよう

©KAGOSHIMA PREFECTURAL HOUSING & ARCHITECTURAL CENTER