公益財団法人 鹿児島県住宅・建築総合センター

令和3年度公益財団法人鹿児島県住宅・建築総合センター正職員採用試験を実施します。

《正職員》

 

1 採用予定人員及び職務内容

試験区分 採用予定人員 職  務  内  容

一般事務職員

(正 職 員)

若干名

庶務・経理、公営住宅等管理、調査研究等の事務全般に従事します。業務上、車の運転をする場合があります。

 

 

2 資格要件等(下記(1)~(4)すべてを満たす者)

  (1) 学校教育法に基づく大学(短期大学を除く)又はこれと同等と認める学校等を卒業した者又は令和4年3月大学卒業見込みの者
  (2) 35歳未満の者(長期勤務によるキャリア形成の為)
  (3) 普通一種自動車免許(AT限定可)
  (4) 前記の受験資格にかかわらず、次のア~ウのいずれかに該当する者は受験できません。
    ア 日本国籍を有しない者
    イ 成年被後見人又は被保佐人(民法の一部を改正する法律の規定により従前の例によることとされる準禁治産者を含む)
    ウ 禁固以上の刑に処せられ、その執行を終わるまでの者又はその執行を受けることがなくなるまでの者

 

 

3 選考方法及び内容等

 試験は第1次試験を書類選考とし、合格者について第2次試験の受験案内を通知します。

区  分 試 験 種 目 内        容
第1次試験 書類選考 申込書の内容について審査します。
第2次試験

適正検査

(60分)

適正検査を行います。

作文試験

(60分)

与えられたテーマについて、一般的知識、理解力、構成力、表現力等について記述式により行います。

面接試験

(1人30分程度)

人物について、個別面接により行います。

 

 

4 試験の日時、場所

  書類選考結果通知にて、2次試験の日時等についてご連絡します。

 

 

5 合格から採用まで

  最終合格者は、原則として令和4年4月1日付で採用します。ただし、提出書類や記入事項に虚偽又は不正があると認められた場合、又は

 採用の日から6ヶ月の試用期間において職員としてふさわしくないと認められた場合は採用を取り消します。

 

 

6 勤務条件等

  (1) 給   与  給与は公益財団法人鹿児島県住宅・建築総合センター職員給与規程に基づき支給されます。

            基本となる給料月額は、鹿児島県行政職給料表に準じます。職務経歴等がある場合は、鹿児島県行政職給料表に一定の

                                  基準で加算されることがあります。例えば、大学卒業後、職務経験年数が5年の場合、給料月額は210,000円程度です。

                                 このほか、扶養手当、通勤手当、住居手当、超過勤務手当、期末手当、勤勉手当が、それぞれの手当支給条件に応じて

                                 支給されます。

                                 なお、この額は鹿児島県職員の給与に関する条例等の改正により変動する場合があります。

    (2) 休日・休暇   土曜日及び日曜日・国民の祝日・国民の休日・年末年始、年次有給休暇・特別休暇等

  (3) 勤 務 時 間   午前8時30分から午後5時15分まで(変形労働時間制有り)

  (4) 福 利 厚 生     各種社会保険制度の適用有り

  (5) 定         年   60歳(継続雇用制度有り)

 

 

7 提出書類等

  令和3年12月23日(木)午後5時必着でお願いします。

  ※1 郵送の場合は、必ず封筒の表に「正職員受験申込書類在中」と記入のうえ、下記受験申込先へ送付又は持参してください。

  ※2 インターネットまたはメールでの受付はできませんのでご注意ください。

 

  (1) 履歴書(写真貼付)

  (2) 職務経歴書(職務経験がある場合のみ)

  (3) 作文(下記2つの内容について、作成してください。様式・文字数は問いません)

     ① あなたのこれまでの活動や体験、職務経験で直面した困難等についてどのように対応してきましたか。

     ② 趣味、特技、経験、スキル、自己アピール等

  (4) ハローワーク紹介状(ハローワーク経由で応募した場合)

  (5) 受験申込先

     〒892-0838

     鹿児島市新屋敷町16番228号

     公益財団法人 鹿児島県住宅・建築総合センター 総務管理部 総務課

     TEL 099-295-3345(URL http://www.kjc.or.jp)

©KAGOSHIMA PREFECTURAL HOUSING & ARCHITECTURAL CENTER