公益財団法人 鹿児島県住宅・建築総合センター

構造計算適合性判定

鹿児島県知事の指定を受けた指定構造計算判定機関として、建築基準法に基づく構造計算適合性判定業務を行っています。

業務範囲と業務区域

業務の範囲

判定を要するすべての建築物。(ただし、当センターが所有していない大臣認定プログラムにより構造計算されたものを除きます。

※現在、大臣認定プログラムにより構造計算されたものは引き受けできません。

※当センターにて確認申請するものの判定は引き受けできません。

業務の区域

鹿児島県全域

申請手続きについて

事項に示す申請図書を直接窓口にご持参いただくか、または宅配便等によりお送りしてください。

※郵送等のみで申請から適合判定通知書交付まで手続きできます。事務所窓口に出向く必要はありません。

申請図書リスト

提出時期 提出する図書等 様式等 部数
申請時 構造計算適合性判定申請書 記入例 
計画通知書(建築主が国の機関の長等の場合)
(上記いずれか)
第18号の2様式 
第42号の12の2様式 
2部
(正・副)
委任状(代理人を定める場合のみ必要) (任意様式)  1部
建築計画概要書(第一面~第三面) 第3号様式 
(確認申請書類の写しで可)
1部
連絡票 連絡票  1部
意匠図注1)注2)

  • 付近見取図
  • 配置図
  • 各階平面図
  • 床面積求積図
  • 立面図(2面以上)
  • 断面図(2面以上)
  • 地盤面算定表
内容確認できればA3版でも可 2部
(正・副)
構造図注1)
構造計算書一式   2部
(正・副)
安全証明書の写し(構造設計一級建築士の関与を要しない場合(既存不適格増築の場合を含む)に必要)
確認済証または検査済証の写し(増改築の場合)   1部
(正のみ)
既存不適格調書の写し(既存不適格増築の場合)   1部
(正のみ)
大臣認定書の写し(大臣認定を受けた構造方法等がある場合。ただし、一般的であり、入手が容易であるものを除く)   2部
(正・副)
追加説明書提出時 追加説明書

  • 追加説明書表紙 記入例 
  • 質疑回答書
  • 検討書
追加説明書表紙 
(質疑事項をお送りする際に様式ファイルを添付)
2部
(正・副)
補正・追加図面   2部
(正・副)

注1)正本に添付する図書は、当該図書の設計者の記名及び押印が必要です。副本は正本の写しで結構です。

注2)その他審査に必要な図面を別途要求する場合があります。

計画変更の申請図書リスト

提出時期 提出する図書等 様式等 部数
計画変更申請時 計画変更構造計算適合性判定申請書
計画変更計画通知書
(上記いずれか)
第18号の3様式 
第42号の12の3様式 
2部
(正・副)
委任状(代理人を定める場合のみ必要) (任意様式)  1部
建築計画概要書(第一面~第三面) 第3号様式 
(確認申請書類の写しで可)
1部
連絡票 連絡票  1部
意匠図注1) 内容確認できればA3版でも可 2部
(正・副)
構造図注1)
構造計算書一式注1)注2)   2部
(正・副)
安全証明書の写し(構造設計一級建築士の関与を要しない場合(既存不適格増築の場合を含む)に必要)

注1)正本に添付する図書は、当該図書の設計者の記名及び押印が必要です。副本は正本の写しで結構です。

注2)当センターが適合判定したものの計画変更の場合、変更箇所に係る図面や計算書の部分のみで構いません。

判定の標準的な流れ

判定の標準的な流れ表

追加説明書の提出について

追加説明書(追加説明書の表紙、回答書、検討書)はひとまとめにご提出ください。

回答書は質疑事項を送る際に添付するExcelファイルをご利用ください。なお質疑に対する回答が明記していれば、様式は任意で構いません。

回答案を事前にチェック可能です。メール等にて送付ください。ただし、正式な提出にはなりませんのでご注意ください。

適合判定通知書の受取りについて

適合判定となった場合、原則として判定手数料の納付を確認した後に適合判定通知書を交付いたします。

また、ご希望があれば、適合判定通知書と判定申請書(副本)を宅配便(信書便)により送付致しますので、お申し出ください。

事前相談・事前審査について

当センターに構造計算適合性判定の申請を予定している案件に限り、事前相談また事前審査に対応します。

事前相談は確認申請前(計画中)の案件についての構造設計方針、計算モデル、諸定数の設定などの工学的判断の妥当性など、構造計算の法適合性に関する具体的な相談に対して判定員がお応えします。

事前審査については、事前審査のご案内 をご覧ください。

その他の手続きについて

判定申請書の記載事項に係る変更届 

適合判定通知後に、申請書の記載事項に変更が生じ、適合通知書及び台帳記載内容を変更したい場合に提出してください。

取り下げ届 

判定申請を取り下げたい時に提出してください。判定手数料は返還しません。

よくある質問Q&A

Q料金の支払い方法は?
A窓口で直接お支払いただくか、お振り込みしていただく方法となります。
Q回答案を事前に見てもらうことは可能か?
A可能です。メール等にてご送付ください。PDFやDocuWorksに対応しています。
Q設備図等は必要なの?
A構造に関係する図面等は必要になります。関係しない図面等は特に必要ありません。

お問い合わせ窓口

判定部判定課

Adobe Acrobat Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧頂くには、アドビシステムズのAdobe Readerが必要になります。

アドビシステムズのサイトから最新のAdobe Reader(無料)をダウンロードし、インストールしてください。

Adobe Acrobat ReaderをApp Storeからダウンロード

Adobe Acrobat ReaderをGoogle Play で手に入れよう

©KAGOSHIMA PREFECTURAL HOUSING & ARCHITECTURAL CENTER